JOY of LIFE!

タントラのカビールのブログ TantralifeJapan代表

OSHO

【アクティブ瞑想】もったいない・・・?

アクティブメディテーター(自称・・・そんな肩書きもない・・・むしろダサい)として思うに。。。 と、その前に・・・ アクティブ瞑想というものがあります。 座禅のように静かに座るというのとは一線を画します。 身体をまず活性化させ静寂へと向かうよう…

OSHOという人

インドにOSHOという神秘家がいた。 彼は過去悟った人と同様に没後30年経とうとしている今もなお、語り継がれ、人々から愛されているうちの一人です。 彼は僕たちに、大げさにいうと人類に、無限の精神の教科書を残してくれた。 その膨大にある中で、今朝見…

女性に惹かれ、同性に惹かれない

「女性には惹かれるが男性には惹かれないですが・・・」と言う質問にOSHOが答えます。 *後半に質疑応答文載せてます。 あくまでも個人的観測だけど、結構ここに、結構なことが集約されていて、性の幼稚さに繋がるものもあるんではなかろうかという気がして…

感じる?

先日この記事を載せました。 kabr1218jp.hatenablog.jp 呼吸は感じさせてくれる行為。 感じさせてくれるは「気持ちE〜」「あはん」ではない。 身体が、自分が、「喜び」を感じとれるってこと。 (これは「気持ちE」「あはん」の上をいくと思うのだけれどね)…

呼吸がなぜ大事か

『呼吸がなぜ大事か?』 タントラ瞑想の場ではしつこいほど「呼吸してー」「呼吸ー」と連呼する。 なので僕のLINEスタンプを作るとしたら「呼吸して〜」は必ず入るとからかわれる・・・笑 呼吸がゆっくりだと全てがスローになる。 この仏像のように。 仏像の…

復刊期待♪

こんな記事を書いた。 kabr1218jp.hatenablog.jp そうしたら、翻訳者の今年中に復刊出来そうとコメント! やったー♪ 無人島に持って行くならこの1冊で十分である。

存在の詩

おはようございます。 カビールです。 僕が愛してやまない本「存在の詩」 存在の詩 和尚 OSHO 作者: バグワン・シュリ・ラジニーシ,スワミ・プレム・プラブッダ 出版社/メーカー: めるくまーる 発売日: 1977/04/25 メディア: 単行本 クリック: 21回 この商品…

ヴィギャン・バイラヴ・タントラ瞑想

おはようございます。 カビールです。 ヴィギヤン・バイラブ・タントラ (Vigyan Bhairav Tantra) とは、ヒンドゥー教の聖典の1つで、シヴァ神と恋人デヴィの会話からなり、シヴァがデヴィに112の瞑想技法を伝授する話からなっている。 ・ヴィギャンは「意識…

タントリック瞑想

おはようございます。 カビールです。 先日友人と会話をしていて「タントリック」って言葉が出て来た。 そこで僕のマインドとエゴはタントラではない場で「タントリック」って言葉を使っているってことにマインドは抵抗を一瞬感じた、けど、すぐさま打ち消し…

死の超越をする生き方

死を超越をする生き方なんて書くと壮大なんだけど・・・死は考えるべきものと思うわけです。 それは、葬儀をどうするか、とか保険をどうするかとか、いう話ではまったくない。 なかなかというかほとんどの場合、死は現実的じゃない。おまけにタブーときてい…

愛はとまることを知らない

OSHOの講話の抜粋です。 昨日友人たちと恋だ、関係性だ、セックスだと、話をした。 やはり大きい関心ごとでもある。 それは多分遠くにあるようなものでものすごく近くて見えないものだからだと思う。 でも、多分この講話は一見厳しいけど、こういうことなん…