JOY of LIFE!

タントラのカビールのブログ TantralifeJapan代表

美は内にもあるし、外にもある。

 

映画監督の紀理谷さんがこんなツイートをしていて、これはまさにのまさにである。

 

ルーブルは比喩として、もうそれこそいろんな場面で起こりうるというか、ほとんどこれじゃないかな?観光地とか、ブランド物を持つとか・・・

 

 

結局そこを抜け出れる人はなかなかいない。

集合意識や無意識も絡むから。

 

みーんな自分大好きだもの。

 

でも心得ていたい。

 

美を見て美を見ない状態ではいけないし、もののけ姫でアシタカがエボシに言った「真のまなこで見定める」とこの美学を忘れてはならないなと思う。

もののけ姫の映画のテーマは「生きる」である。

生きるに通ずるのである。

 

エボシは豊かかもしれないけれど、いかに多くを失っているか。

 

美は多分商売とは関係ないものなんだと思う。

 

愛と関係性が違うように。

 

勘違いもあるだろう。

 

思い込みもあるだろう。

 

投影もあるだろう。

 

そんな浅はかさが自分にあることに常にはむりだけど、気づいていたい。